11月1日(金)、早稲田祭の前夜祭に出演させていただきました!

今回の構成は、ラブストーリー仕立て!主人公であるつかさ(男)とつくし(女)の物語です。つかさは早稲田大学の3年生、つくしは早稲田大学の2年生。つかさはつくしを気になっていて、早稲田祭に誘おうとしていますが………?

『人の「想い」が見える世界』という世界観のもと、それぞれの団体が登場人物の「想い」を表現する守護霊としてパフォーマンスを行いました!

早稲田大学フラッシュモ部が出演させてただいたのは、2つの場面です!どちらの場面もSeiren Musical Projectさんとコラボさせていただきました!

1つ目は、つかさがつくしを早稲田祭を一緒に回ろう!と誘う場面です。

いつもの通り大学にきたつくし。大隈銅像の前を歩いていたら、なんと人々が踊りだすではありませんか!

そう、これはつくしへ向けたフラッシュモブだったのです!

突然の出来事に驚くつくし。照明が切り替わり、驚きと戸惑いを表す守護霊がでてきました。

照明が元に戻り、フラッシュモブがまたスタートします。

最後につかさが登場し、早稲田祭を一緒に回ろうと誘いますが…

急な展開に戸惑ってしまったつくしは誘いを断ってしまいました。

この後、つかさが親友に裏切られ、またつかさを好きな女の子の登場により、2人の距離はどんどん離れていってしまいます。しかし、やはりつくしが好きだと再確認し、つかさはつくしを早稲田祭に誘います。つくしもつかさが好きという気持ちに気づき、つかさの誘いをOKし、2人は結ばれました!

出演した2つ目の場面は、その後のクライマックス、大トリの場面!やばいTシャツ屋さんのハッピーウエディング前ソングに合わせて出ていき、

みんなで結ばれたつかさとつくしを冷やかしました。

観客席のすぐ近くでもダンスを踊り、会場内は大盛り上がり!

結ばれた二人を祝福し、

みんなで最後に決めポーズ!

たくさんの笑顔と拍手に包まれ、前夜祭は幕を閉じました!

今回の前夜祭は”想い”をキーワードにしたストーリー仕立て。色んな団体がすばらしいパフォーマンスをし、感情を見事に具現化していました!

コラボしてくださったSeiren Musical Projectさんありがとうございました!